地デジのテレビアンテナ工事は、遠くにある工事店よりもお近くのテレビアンテナ工事店が安心!工事クイック埼玉

埼玉県の地上デジタル放送アンテナ工事、地デジ改修工事は工事クイック埼玉へ!戸建て、マンション、共同住宅など様々な建物形態に対応します。

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!

工事クイック埼玉にアクセスいただきありがとうございます。
当サイトは2018年12月18日をもちまして、サービスを終了をいたします。

アンテナ工事のお申し込み、お見積もりにつきましては、棟梁ドットコムにて承ります。

よろしくお願い申し上げます。

地上デジタルテレビの購入時期はいつがいいの?

地上デジタルテレビの購入時期はいつがいいの?

これは非常に難しい質問ですね。
皆様の志向やきっかけに左右されると思います。

ということで、ここは私の主観でお話させていただきたいと思います。

地上デジタルテレビは日を追うごとに低価格化が進んでいます。アジア系メーカーや多くの国内メーカーの進出で低価格は加速しているといえます。しかしいつかは下げ止まりし安定期に入ると予想されます。直近のピークは北京オリンピックの開催される2008年8月8日を軸とした、2007年の年末から2008年7月のボーナス商戦となるでしょう。
コストを抑えたいと考えるならこの時期が良いと思います。
その後も若干の価格が下がっていくかもしれませんが、メーカーとしても利益を圧迫するわけですから施策を考えてきます。
予想されるのは機能の充実させて「こんなこともできる、あんなこともできる」と付加価値をつけた上で結果的に若干の価格増を図るのではないかと思います。これはコンビニのおにぎりと同じ方法ですね。一時のデフレ施策の脱却を図るべく、高付加価値商品を開発し価格増を行うという方法です。

つまり1年~3年の間隔でそのような事が繰り返されるのでその時期で安く買える時期に購入するのが望ましいと思います。
コストを重要視した場合一般的ではありますが以上のような結論になるのではないでしょうか。

あとは千差万別のきっかけによってという事ですね。
きっかけには以下のケースがあります。

  • テレビが壊れた
  • テレビを増やしたいとき
  • 現在のテレビ映像が悪く地デジに切り替えたいと思ったとき
  • とにかく地デジにしたいとき

テレビを買い換える必要があるときやテレビを増やしたいときは、将来を考えた場合地デジ内蔵テレビをご購入をオススメします。
2011年7月24日に地上アナログ放送波が停波されますが、それ以降もテレビは視聴できますので結果的にストレスがなくなるのでしょうか。現在では非常に価格もこなれてきていますので、テレビ購入のきっかけがあったらまず地デジ内蔵テレビを検討されてはいかがでしょうか。

棟梁グループのポータルサイトはこちら